top of page

仮想空間で事故防止を学んでみる

ここ最近IT化であったりDX化が業務で取り入れられることが多くの会社で見られます

吉田海運でも、様々な設備やシステムで業務の効率化を図るためにクラウドベースのデータ保存であったり、オリジナルアプリでの情報共有を行ったりと日々進化を求めています

今回は、吉田海運での導入を検討している「VR」になります


吉田海運の主軸でもある運送事業に活用できるのではないかと検討をしております

活用方法は、「社員への安全教育」となります

運送事業では当然車両を利用するため、いかに事故を最小限に抑えるかがポイントになります

そのためVRの映像を利用して、運転手目線での事故の見え方というのを体験するといったツールとなっています

私自身も体験をしてみましたが、普段車を運転する私でも「こんな所に見落としてしまうポイントがあるんだ」と改めて勉強になりました

今後も、様々な企業がこのような安全面でのツールを提供してくれるかもしれませんので、情報をキャッチして前向きな導入を検討していく予定です

Comentarios


bottom of page